特有の学習方法が魅力!通信制高校とは?

自分のペースで学習が進められる

通信制高校は、自分のペースで学習を進めることが可能です。全日制高校のように、毎日通学して授業を受けることはありません。自分で選択した科目のスクーリングに参加して単位を取得していくため、授業が開催されない日は通学の必要がありません。また、授業が開催される日はあらかじめ決まっており週に1・2度程度です。通信制高校の場合は、レポートの提出と科目修了試験があります。スクーリングに出席して、レポートと試験に合格すると単位取得になります。レポートと試験をクリアするためには、自分で勉強して知識をつけることが必要です。空いた時間に自分のペースで学習を進めていくため、働きながら通信制高校に通っている生徒も多くいます。

通信制高校にはメリットがたくさん

通信制高校には、全日制高校にはないメリットがたくさんあります。まず、10代の生徒だけでなく幅広い年代の生徒が通学していることです。子育てしている主婦や、バリバリ働いている世代、60代の高齢者の方などが通学している場合もあります。関わる機会のない人々とも接することができます。それぞれ環境の違う仲間との触れ合いは、とても刺激的で新たな知識を学ぶきっかけになったりします。また、全日制高校と比べて学費が節約できます。学費は安価に設定されていて、経済的な理由から高校進学が叶わなかった人も気軽に通えます。体操着や制服など、学校の規則により購入が必要なものもなく自由に好きな格好で授業に参加ができるのも魅力です。